2010年09月09日

企業向け映像制作:上手な制作費用の抑え方(2)

前回は企画/構成を制作会社に丸投げせずに、自前で用意してみては?と言うお話でしたが、
制作費を抑える方法はまだまだあるのです。

機材費を下げる。というのは、実はよくありません。
極端な例ですがビデオカメラや三脚のランクをさげて、照明機材も無く、
「ブレブレの民生用(家庭用)カメラ」でロケ・・・では、あまりにも酷いですし、
創意工夫を持ってすれば素晴らしい映像は撮れるかもしれませんが、
もはや制作会社の出る幕はないような気がします(笑)

・・・というように、ビデオ撮影ロケ時の機材のランクを下げたり、映像編集は簡略化すると仕上がり自体にとても影響します。

なので、2点目の「制作費用抑えますポイント」は・・。

「リポーター等の出演者を自前で用意する」

リポーターやナビゲーター役はこなれたプロに依頼するよりも(当然ながら)社内事情に詳しいため良い場合があります。完成作品に社内の人間が写っているだけで、とても身近に感じられます。

ある程度きちんとした発音ができる方であれば積極的に出演して欲しいところです。
もちろんプロのリポーターに比べてしまうと、発音/発声など見劣り(聞き劣り)してしまいますが、
専門用語や重要なキーワードはテロップで表示する手法をとり、フォローいたします。

しかし、ナレーターも社内の声の綺麗な人で。というのは、あまりおすすめしません。
プロのナレーターは発音以外にも抑揚の付け方、間の取り方など、やはり歴然とした差が出てきてしまいます。
またスタジオ経験も豊富で、録音にも慣れています。

次回へ続く


茨城・千葉で会社案内ビデオや展示会イベント用の映像制作会社をお探しでしたら、ぜひ一度お問い合せください!
posted by Star Enterprise at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

企業向け映像制作:上手な制作費用の抑え方(1)

映像制作において、その費用の中でもウェイトを占めるのが「企画/構成」費となります。
当然、完成作品の出来を左右する一番重要な部門なわけですが・・。
今回はこの「企画/構成」に関するちょっとしたお話です。

これまでお伺いしたほとんどの企業の担当者様は、
「最終的にこんな感じにしたい」と完成作品の漠然としたイメージをお持ちです。
(そのイメージがない場合もありますが非常に稀です)

そうなのです。
実は会社内部で映像を作ろうと決めた時点で、大筋が見えているはずなのです。
その漠然としたイメージを、もう少し掘り下げてください。
ここで会社ロゴのアニメーションそれから撮影予定のシーンを数カットいれてナレーションはこんな感じで・・・
と、絵コンテが書けなくても、イメージの伝わる簡単な文章や図でも構いません。
お客様も同業種の会社案内ビデオを多く見てる場合もありますので、スムーズに構成ができるかもしれません。
出来る限り制作予算を抑えるために社内の広報部門と相談しながら頑張って頂きたいところです。
出来上がった構成台本的な「何か」を拝見させていただき、最終的なシナリオの仕上げに関してはしっかりサポートいたします。

完全に制作会社へ丸投げのフルオーダーの場合に比べ、費用も抑えられますしお客様側の要望も取り入れやすく反映しやすい場合もありますので、おすすめしております。予算内でできる限りのご提案をさせて頂いております。
もちろんフルオーダーの場合は企画段階からご要望を聞きながら構成台本・絵コンテ・ナレーション原稿と作成します。

次回へ続く

茨城・千葉で会社案内ビデオ映像制作会社をお探しでしたら、ぜひ一度お問い合せください!
posted by Star Enterprise at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

水戸黄門様

今日は、急な案件で気付けば茨城県庁所在地は水戸へ。

CA390381.jpg

通常は直接お会いする前にメールや電話等で内容を聞いて概算見積もりを出してからお伺いするのですが、
今回はやや複雑な内容と条件、しかも単納期でしたので、すぐにお伺いして説明させて頂きました。

お客様の持つイメージと予算と、
そのイメージを納得のできる形にする場合の制作費用と、
これらには必ずギャップが生まれます。

大抵は「制作側が高い」となります。

こちらも納得して頂けるようご説明をさせて頂いておりますが、このご時世です。
なかなか広報部門の予算枠が取れない企業様も多く見受けられます。

それでも必要な映像コンテンツ。
どうすれば上手にその費用を抑える事ができるのでしょうか。

次回から「企業向け映像制作:上手な費用の抑え方」についてのエントリーをしていきます。
ラベル:水戸 茨城 黄門
posted by Star Enterprise at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする